タップアンドクリック(タプクリ)の副業は安全?注意しなければならない点について

ネット副業詐欺撲滅サイト

未分類

仮想通貨で課税されるタイミングについて解説します

投稿日:

仮想通貨で課税されるタイミングはいつなのでしょうか?
持っているだけで課税されるのか、あるいは換金した時に課税されるのか。詳しく解説していきます。

仮想通貨で課税されるタイミングは主に4つあります。

・仮想通貨を売却したとき
・仮想通貨で買い物したとき
・仮想通貨で他の仮想通貨を購入したとき
・仮想通貨をマイニングしたとき

それぞれ解説していきますね。

まず1つ目に、仮想通貨を売却したときです。換金したりした時ですね。
例えば、100万円の仮想通貨を保有していて、その仮想通貨が200万円になったとします。

この時点では、課税されません。
ですが、この200万円を現金に換金したとします。すると、「利益分の100万円が課税対象」になります。
要は、利益の分が課税対象になるわけですね。
なので、利益が出ていない場合は課税される心配はありません。

2つ目に、仮想通貨で買い物をしたときです。
こちらも売却したときとほぼ同じです。仮想通貨で利益分の100万円分の「もの」を購入したとします。
すると、100万円が課税対象になります。
これは特に脱税しやすいので注意が必要です。

3つ目に、「仮想通貨で他の仮想通貨を購入した時」です。
これが一番脱税に陥りやすいですね。
100万円分の利益があったとして、その利益で他の仮想通貨を購入したとすると、その「利益分」が課税対象になります。
これの怖い所は、交換した先の仮想通貨の価値が暴落し、払えなくなる事があるという事です。
なので、この3つ目の課税には十分注意するようにしましょう。

4つ目は、「マイニングに対する課税」です。
こちらは、マイニングで利益を得た時点での時価から、それを得るためにかかった費用を差し引いたものに課税されます。

では、仮想通貨ではいくらから確定申告が必要になるのでしょうか?
人によって異なりますが、会社員の場合は約20万円の利益から確定申告が必要になります。
仮想通貨では「雑所得」という区分に該当します。

他に、雑所得に区分されるものには仮想通貨以外にも「転売による利益」や「アフィリエイトによる利益」なども雑所得です。
注意しなければいけないのは、「雑所得の累計で20万を超えた場合」であること。
仮想通貨の利益だけでは20万に到達していなくても、他の雑所得も合計してその額に達しているのであれば、それは申告しなければいけないという事です。

いかがでしたでしょうか?今回は、仮想通貨の課税のタイミングについて解説しました。
参考になれば幸いです。

-未分類

Copyright© ネット副業詐欺撲滅サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.