タップアンドクリック(タプクリ)の副業は安全?注意しなければならない点について

ネット副業詐欺撲滅サイト

未分類

レバレッジ改正の動きがある

投稿日:

これから副業で仮想通貨への投資を考えている方についてですが、レバレッジに改正の動きがある点を抑えておく必要性があります。まず、仮想通貨で投資を行う場合、以前では証拠金を一定額支払うことで最大で4倍以上の仮想通貨取引をすることが出来る仮想通貨取引所がありました。ですが、このレバレッジに改正の動きがみられるのです。

というのも、この証拠金を用いて取引を行うことは、FX事業などのそうなのですが日本では金融庁の命令により、最大で賭けることが出来る比率と言う物が決まっているのです。しかし、仮想通貨はまだ当時は法律による改正などが自由に行えなかったが故高いレバレッジで取引をすることが出来る事業者と言う物が存在したのです。

しかし、仮想通貨も安全性があり公正な取引を目指そうとした場合、日本の場合高レバレッジで取引を行うことが出来る事業所と言う物は危険視されてしまう為、高いレバレッジで取引を可能としていた仮想通貨取引所も日本の法律に従い、最大2倍までのようにレバレッジを下げざるを得なくなったのです。

では、何故高レバレッジが危険であるかですが、これについては簡単に説明すると、一定額の証拠金で取引をして高い収入を得ても、その後損害を被った場合、証拠金となる資金が用意できないと取引が行えなくなり、その後プラスとなる資産へと仮想通貨が値上がりを見せても証拠金が無いが故、財産は無くなったと言える状態になる為です。

つまりは、たくさんの利益を得られる分、損害を受けた場合も多くの損害を受けるため、公平に欠けるというのが金融庁の判断となり、FX事業などにおいても日本では高いレバレッジで取引することが出来ないというわけです。

しかし、逆を言えば、比率さえ守れば安全に取引を可能としている事業者としても認められるため、高いレバレッジで取引が出来ないこと自体が仮想通貨取引所の有利不利とはならないということです。なおこのレバレッジを用意しての証拠金取引ですが、実は運用において莫大なコストと、システムを変更するためにもコストがかかるらしく、コインチェックなどの取引所においては証拠金取引自体を取りやめる仮想通貨取引所も出始めています。

それらから判断するに、これから副業で仮想通貨を行おうとしている方は、現在においては、少額の金額で高額の収入を得られるかもしれない取引というのは日本では成立しなくなっていることを踏まえて仮想通貨への投資をすることになるのが2021年の仮想通貨事情となります。

-未分類

Copyright© ネット副業詐欺撲滅サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.